カジノレオで利用できるクレジットカードは?

<ウェブサイト名>

<現在の時刻>

出典: 標準

Toggle navigation 北海道札幌東高等学校 ログイン トップページ東高Topics中学生の皆様へ保護者の皆様へ卒業生の皆様へ定時制 事務室より 東高Topics 全ての記事 全ての記事 アーカイブ 2024年5月 (5) 2024年4月 (12) 2024年3月 (5) 2024年2月 (1) 2024年1月 (12) 10件 1件 5件 10件 20件 50件 100件 卒業証書授与式 投稿日時 : 03/01  学校管理者   第74回卒業証書授与式を挙行しました。4年ぶりにコロナ前の卒業式の形態にすべて戻すことができました。卒業生はご来賓や保護者の皆様、2年生、教職員の祝福を受け、吹奏楽局の演奏と、合唱部の歌声にも包まれながら、3年間を過ごした本校を巣立ちました。卒業式の最後には、卒業生がレミオロメンの「3月9日」を合唱し、保護者へ感謝の思いを届けました。     {{options.likeCount}} {{options.likeCount}} 東高だよりNo143 投稿日時 : 03/01  学校管理者  東高だよりNo.143を発行しました。父母と先生の会のページからご覧ください。 {{options.likeCount}} {{options.likeCount}} 美術部がさっぽろ雪まつりに参加しました 投稿日時 : 02/05  学校管理者   2月5日(月)、美術部がさっぽろ雪まつりスノーオブジェコンテストに参加し、雪像を制作しました。スノーオブジェコンテストは高文連石狩支部の美術部が、1日約7時間かけて雪像を制作するイベントです。今回は高文連石狩支部の美術部12校が参加、本校からは美術部員の1,2年生の中から10名が参加しました。 本校美術部は『ガオーーーーー!!!』というタイトルで壁を突き破るティラノサウルスを制作。当日は天候に恵まれた反面、雪が溶けるのも早く制作は最後まで気の抜けない状況となりましたが、参加生徒は最後まで熱心に取り組みました。 結果、その努力が実を結び『第2位 さっぽろ雪まつり実行委員会会長賞』を受賞することができました。審査講評では「最も量感のある作品」とたいへん素晴らしい評価を受け、美術部員一同たいへん喜んでいます。 さっぽろ雪まつりの会期は2月11日(日)まで。つどーむにお越しの際は、本校の作品をはじめ各校の力作をご覧ください。    {{options.likeCount}} {{options.likeCount}} 女子バレーボール部 新人大会第7位! 投稿日時 : 01/30  学校管理者  第19回 北海道高等学校バレーボール新人大会 札幌地区予選会女子バレーボール部 第7位 「粘り+VAMOS!」(文:主将佐々木)  1月8日より新人大会が開催されました。初戦は石狩南高校との試合です。1、2セット目までは中々自分達のペースに持ち込むことができず少し戸惑っていましたが、最終セットではようやく本来の自分達のスタイルを出すことができ、フルセットで勝利し無事予選を突破することができました。 今大会での私たちの目標はベスト8です。勝負の決勝トーナメントは予選1週間後の13日に行われました。最初の1回戦手稲高校との試合では第1セットの出足が鈍く、10点差をつけられるという苦しい展開となりました。しかしそこから持ち前の粘りで巻き返し、その結果ストレートで勝利を収めることができました。いよいよ次はベスト8をかけ、シード校の清田高校との対戦です。ところが今回もスタートにつまずき、第1セットを取られてしまいました。それでも、みんなの士気が下がることはありませんでした。誰もが不安で一杯だったと思いますが、諦めていた人は一人もなく、日々の練習と合宿を通して身に付けた「常に明るく笑顔でプレー」を最後までやり抜く決意であふれていました。第2セットは、私たちのスタイル「粘って粘って自分達の波が来るのを待つ」を貫くために全員で励まし合い、丁寧なプレーを心がけ、焦燥感に負けそうになりながらも自らを信じてプレーを続けました。すると優勢な状況をキープしたまま第2セットを奪取し、最終セットもその勢いに乗って勝ち切ることができました。夢に見た念願のベスト8達成です! 最終日は残念ながら北斗高校、啓成高校に敗戦し、最終結果第7位となりました。全道大会出場(5位迄)は叶いませんでしたが、レベルの高い試合を間近で見られたことは私たちにとって大きな収穫でした。日々の少ない練習時間の中でも、一人一人が自らの弱点や改善点を見つけ出し、地道に真正面から向き合い続けたことが目標達成に結びついた…そう私たちは確信しています。そしてこれからも、今回の結果に満足することなく、持ち前の「明るさとチームワーク」を武器に、新たな目標「全道大会出場」を目指して部員みんなで頑張っていきます。   【大会結果・成績】予選グループ戦 1回戦 ◯札東(25-19, 22-25, 25-9)石狩南●決勝トーナメント1回戦 ◯札東(25-18, 25-21)手稲●    同   2回戦 ◯札東(16-25, 25-21, 25-23)清田●    同  準々決勝 ●札東(8-25, 8-25)北斗◯5位決定戦   1回戦 ●札東(17-25, 23-25)啓成◯  最終結果:第7位 {{options.likeCount}} {{options.likeCount}} 第12回『鳳雛杯』争奪中学生・高校生剣道錬成大会 投稿日時 : 01/29  学校管理者   1月28日(日)、札幌東陵高校において第12回『鳳雛杯』争奪中学生・高校生剣道錬成大会が行われ、本校剣道部から杉村駿斗選手(1年)が出場しました。この大会は、中学生または高校生から剣道を始めた生徒を対象にした大会です。杉村選手は、高校1年生男子の部に出場し、予選リーグ2試合でいずれも2本勝ちを収め、リーグ1位となり、決勝トーナメント進出を決めました。 決勝トーナメント1回戦で北広島高校の出倉選手と対戦し、先に一本取られたものの、相手が出てくるところを見事なコテにおさえ、勝負となりました。その後、一進一退の攻防が繰り広げられましたが、最後にメンを奪われ、惜しくも敗退しました。しかし、練習の成果を存分に発揮し、予選リーグから素晴らしい戦いを展開していました。本人も悔しい思いをにじませながらも、「とても楽しく試合ができました。」と笑顔で大会を終えました。2月の中旬には全道大会が控えていますので、今回の大会で学んだことを糧にさらに稽古に励み、頑張ってほしいと思います。 最後になりましたが、本大会のために送迎・応援をしていただいた杉村さん、先輩の皆さん、そして大会運営のために朝早くから補助生徒として手伝ってくれた剣道部1年生の皆さん、本当にありがとうございました。【 大会成績 】〇杉村駿斗選手 予選リーグ2勝(1位) 決勝トーナメント1回戦 杉村 コーメメ 出倉(北広島) {{options.likeCount}} {{options.likeCount}} 第43回 北海道高等学校新人剣道大会 投稿日時 : 01/15  学校管理者   1月12日(金)・13日(土)、千歳市総合武道館において北海道高等学校新人剣道大会が行われ、男子7名、女子4名が出場しました。1日目の男子団体Ⅰ部では、札幌丘珠高校に勝利しました。午後からの男子個人戦では、3名が出場しましたが、惜しくも上位進出はなりませんでした。2日目の女子団体Ⅰ部は人数が1名少ない4名での出場でしたが、帯広柏葉高校との初戦で、選手一人ひとりが活躍し、勝利することができました。特に昨年10月に入部した小林あおい選手(2年)が見事なコテを奪った場面は剣道部一同、大きな刺激を受けました。2戦目は強豪・札幌日大と対戦し、善戦しましたが、惜しくも敗れました。しかし、チーム一丸となり、全力を出し切り、悔いのない試合ができました。男子団体Ⅰ部は、予選リーグの残り2試合が行われ、釧路北陽高校、札幌手稲高校に勝利し、決勝トーナメントに進出しました。決勝トーナメント1回戦では強豪・旭川永嶺高校と対戦しました。先鋒・街道太陽選手(2年)、次鋒・近藤颯選手(1年)が勝利し、リードを死守し、2(3本)対2(2本)の取得本数差で勝利を収めました。その後行われた決勝リーグでは、私立の強豪高校との対戦となり、残念ながら敗退してしまいましたが、緊張感のある中で最後まで諦めず戦い抜いた姿は大変立派でした。男女とも今回の大会で経験したことを1ヶ月後の白鵬旗剣道大会、そして来年度の各種大会に生かして、上位進出をめざして欲しいと思います。 最後になりますが、2日間朝早くからの送迎ならびに応援をしていただいた保護者の皆様、諸先輩方、そして選手への差し入れをしていただいた元顧問の先生と奥様に心より感謝申し上げます。本当にありがとうございました。【 出場選手ならびに成績(敬称略) 】○男子団体Ⅰ部 出場選手:2年 街道太陽、菅野龍之介  1年 近藤颯、平野翔、福井響時、神野大翔、杉村駿斗 対戦成績:予選リーグ 札幌東 4対0 札幌丘珠、札幌東 4対1 釧路北陽、札幌東 5対0 札幌手稲      決勝トーナメント1回戦 札幌東 2(3本)対2(2本) 旭川永嶺      決勝リーグ 札幌東 2対3 東海大札幌、札幌東 0対5 札幌日大、札幌東 0対3 札幌第一        最終成績 第3位○女子団体Ⅰ部 出場選手:2年 大賀彩子、古池紗和、小林あおい 1年 川野桜子 対戦成績:予選リーグ 札幌東 3対2 帯広柏葉、札幌東 0対5 札幌日大 予選リーグ敗退○男子個人戦出場選手 2年 街道太陽  1年 近藤颯、神野大翔 {{options.likeCount}} {{options.likeCount}} 海外研修最終日 投稿日時 : 01/14  学校管理者   マイナス14度の中、ホストファミリーとのお別れです。ハグをしたり、最後の会話を楽しんでから日本へ向けての出発となりました。道中も大きなトラブルなく1月13日(土)22:30頃新千歳空港に到着し解散となりました。今回の語学研修は「移民」をテーマにプログラムが組まれており、それぞれがテーマを決めて探究活動を行いました。実際にカナダで生活することで、移民の国カナダのマルチカルチュラリズムを体験することができました。この経験を今後の生活やそれぞれのキャリアに活かしてもらえればと思います。     {{options.likeCount}} {{options.likeCount}} 海外研修10日目 投稿日時 : 01/11  学校管理者   研修最終日の午前中は「移民サービスソサイエティー」を訪問しました。こちらは移民や難民がカナダでの生活を始めるためのサポートをする施設です。移民・難民の現状について、どんなサポートをしているのか、移民や難民が抱えている問題など色々と説明いただき、施設を見学させていただきました。スタッフの方の説明や、各自の研究テーマについて質疑を行い、移民に対する理解を深めることができました。 その後、ダウンタウンへ移動し、Canada Placeのフードコートで食事をした後、ギャスタウンを自由散策しお土産などを購入しました。スタディセンターに到着後は、Lynn先生から一人一人にCertificationを手渡され、充実した研修も終了を迎えました。         {{options.likeCount}} {{options.likeCount}} 海外研修9日目 投稿日時 : 01/10  学校管理者   今日はラングレーから車で40分ほど離れたところにあるコキットラムにあるBC Christian Academyを訪問しました。4つのグループに分かれて午前と午後で、現地の生徒と一緒に3時間の授業を受けました。DramaとかWoodなどといった日本の高校ではない科目を受ける生徒もいて良い経験になりました。ランチタイムはピザを用意いただき、各グループに現地の生徒が参加してくれて昼食をエンジョイしました。本校の生徒はそれぞれが設定した課題について、スライドを用いてプレゼンテーションを行い、現地の生徒から質問に答えたり、アドバイスをもらうなどしました。同年代の生徒と交流をすることができ、大変貴重な経験をすることができました。        {{options.likeCount}} {{options.likeCount}} 海外研修8日目 投稿日時 : 01/09  学校管理者   研修8日目はUBC (University of British Columbia) への訪問です。UBCはカナダのトルドー首相の出身校でもあります。生徒たちも体調不良を訴えることなく元気に研修を受けています。 午前中は3名のUBCの生徒がゲスト参加してくれました。3つのグループに分かれて、それぞれの生徒と20分ずつ話をした後、各グループに分かれて、UBCの生徒の案内で1時間ほどキャンパスツアーを行いました。昼食後は、移民コンサルタントのMatsushitaさんをゲストに迎えました。ご本人の移民になった略歴、コンサルタントの仕事内容、カナダの移民の状況についてお話しいただきました。生徒にとっても大変興味深い内容で、色々と質疑応答もあり大変充実した時間を過ごすことができました。       {{options.likeCount}} {{options.likeCount}} « 1234 » トップページ学校概要 東高Topics全日制 定時制 事務室より 本校の入学者選抜ふるさと応援事業について新型コロナウイルス感染症に係る対応について Powered by NetCommons

「リリベット カジノ」の特徴や評判はどうですか? カジノレオログイン グリムズビー・タウン ボンズカジノvisa
Copyright ©カジノレオで利用できるクレジットカードは? The Paper All rights reserved.